カード現金化業者の換金率は業者によって決まっている

カード現金化の業者を選ぶときに口コミを参考にして選ぶ人も多いですが、その口コミの中には換金率に関して批判的な物も含まれています。
事前に換金率が決められている筈のカード現金化ですから換金率が変動すると言う事は少し不信感を抱く事もあるでしょう。
何故そのような事が起こってしまうのでしょうか。

カード現金化の換金率は業者によって決められている

業者のホームページを見ている時や口コミを見ている場合、高換金率な業者をピックアップしている事が分かると思います。
しかし、この高換金率は、大抵の場合は最高の換金率な事が多く、実際の換金率は購入する商品の金額によって決まっている事がほとんどです。
その為ホームページでは95パーセントのキャッシュバック!等のような表示があっても、それが実現する事はほぼないのです。
例えば、カード現金化の目的である業者を利用し、10万円の商品を購入したとしても、実質現金として振り込まれる金額は8万円程度です。
これはカード現金化の換金率が80パーセントから85パーセント程度が相場な為で、残りの金額は手数料等と称して業者に徴収されてしまうのです。
換金率は業者によって決まっているので一概に手数料に関しては相場は明らかではありませんが、手数料等が引かれると言う事は覚えておいた方が良いでしょう。
また、最高換金率で現金を手にしたい場合には、どれくらいのショッピング枠の利用をしなければならないのかも確認しておくと良いでしょう。